スポンサーリンク

50代女性の尿漏れの悩みにペポカボチャ種子の効果とは?

ペポカボチャ
WikiImages / Pixabay

最近は、男性だけでなく、女性もトイレの悩みを持つ方が増えています。

 

ふっ!とした瞬間にあっ~~^^:

 

間に合わない恐怖に何度も遭遇し、外出が怖くなるこの頃です。

 

病院にゆくほどでもないし~~

いろいろネットで調べてペポカボチャとやらを知り、効果などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ペポカボチャとは?

 

同じ悩みを持つ私だから尿もれには無理のない方法をオススメしたい!
年を重ねるとだんだん出てくるトイレの悩み!「恥ずかしい」という羞恥心から誰にも言えず一人で悩んでいたり、 「年のせいだから仕方ない」とあきらめてしまっていたり、 「病気かどうかわからなくて相談できない」と困っている人がとても多いのが特徴です。無理のない方法で解消できるなら・・・

 

ペポカボチャは欧米でスッキリしない悩みを解決するサプリメントとして
利用されています。

 

ペポカボチャは、日本では一般的におもちゃカボチャと呼ばれるものの総称で、
ハロウィンでよく見かけるオレンジ色のかぼちゃ(ジャック・オ・ランタン)も
実はペポカボチャの一種です。

 

カボチャの種類

カボチャにもいろいろ種類があるようです。

 

日本カボチャ、西洋カボチャ、ペポカボチャという3つの代表する品種が
あります。

 

その中でペポカボチャは園芸作物として日本では知られ、ハロウィンで
よく見かける「おもちゃカボチャ」など、いろいろな形、模様の種類が
ある小さくてユニークなカボチャの総称です。

 

ペポカボチャは世界では主に、温暖な国で栽培され、オーストラリアでは
種から出た種油をサラダ油として利用していたり、ヨーロッパでは
ペポカボチャの種を健康食品や医薬品にしている国もあります。

 

日本カボチャは、現在国内ではあまり流通していません。

 

日本カボチャに該当するものは「小菊カボチャ」、瓜のような形をした
「バターナッツ」、長細い形状が特徴の「鶴首カボチャ」など
何十種類と品種があります。

 

日本カボチャは、水分が多めで煮崩れしにくいことから、
京料理などで煮物として食材として使われています。

 

日本のスーパーでよく見かけるのは、西洋カボチャです。

 

最も多いのが表面が緑色で中が黄色い「えびすカボチャ」ですね。

 

西洋カボチャは、ねっとりしていてホクホクした食感が特徴です。

 

日本カボチャ、西洋カボチャに該当しないのがペポカボチャです。

 

ペポカボチャの中には、ズッキーニや金糸瓜(ソウメンカボチャ)と
いった馴染み深い野菜も含まれます。

 

食用としてではなく、イベント用、家畜の飼料用として使われる事が多いようです。

 

おもちゃカボチャ、ベビーパム、ハロウィンカボチャなどといったハロウィンの
時にランタンとして使われるカボチャの多くもペポカボチャの一種です。

 

ペポカボチャの種子が凄い!

ペポカボチャ種子

 

ズッキーニや金糸瓜を除いて日本ではあまり食用にならないペポカボチャは、
そのおいしさや栄養価は「種」にあると言われています。

 

オリーブオイルにも含まれているオレイン酸がペポカボチャにも含まれ、
抗酸化作用もあります。

 

ペポカボチャに含まれているビタミンEは膀胱の働きを助け、
調整機能を元に戻す効果があります。

 

頻尿、尿漏れや急な尿意が襲ってくるような過活動膀胱に悩んでいる方には、
その豊富なビタミンEはサプリメントとして尿漏れや過活動膀胱へ大変効果的と
言われペポカボチャ種子のサプリメントは今や人気商品なんですね。

ダイドーナチュラエースサプリ

急なストレスや自律神経の乱れにより、若いうちに尿漏れを経験する人も
増えているのです。

 

種子オイルにカテロノイドやトコフェロールや植物エストロゲンなどが含まれ
女性向けの健康成分として知られています。

まとめ

ペポカボチャ

 

ハロウインの季節、店頭にはかわゆい「おもちゃかぼちゃ」が並んでいます。

 

ハロウィンの飾り付けとして人気の高い「おもちゃかぼちゃ」ですが
栄養満点な野菜だったんですね~~

 

種子にビタミンEが豊富に含まれているとは驚きです。

 

尿漏れは誰にも言えず密かに悩んでいる人も多いのです。

 

ペポカボチャ種子のサプリメントで膀胱の活動を正常に戻したい!

 

色々なサプリを試しています。

同じ悩みを持つ私だから尿もれには無理のない方法をオススメしたい!
年を重ねるとだんだん出てくるトイレの悩み!「恥ずかしい」という羞恥心から誰にも言えず一人で悩んでいたり、 「年のせいだから仕方ない」とあきらめてしまっていたり、 「病気かどうかわからなくて相談できない」と困っている人がとても多いのが特徴です。無理のない方法で解消できるなら・・・